引越しの苦い思い出

引越には苦い思い出があります。昔は引越会社を選ぶなんて事は考えもせず、てきとーに選んだのですが、そこの引越会社がなかなかのものでした。

 

料金の見積もりがやたら怪しく、見積もり内容をしっかりとみせてくれず、合計金額だけでした。それでもまあ引越さえしてくれればと思い依頼しましたが、それが運の尽きでした。

 

当日まで連絡が一切無く、しかも当日の予定時間も1時間以上遅れて来る始末・・・引越のスタッフも2人できたのですが、とにかく手際が悪く、しかも壁に家電や家具をぶつけまくりでもう最悪でした。

 

 

文句を本社に連絡してもたいして謝りもしない横柄な態度でしたし、とにかく最低な引越を経験しました。

 

 

引越業者はやまほどありますが、その中でも最悪なところを選んでしまったようです。
それからというもの、引越をするときには必ず何社かで見積もりを出すようにしています。

 

 

今ではネットで簡単に見積もりを依頼することができ、その中からちゃんと説明等を行ってくれる業者を選別するようにしています。つい先日も引越を行ったばかりですが、今回もまったく問題なく終わってくれました。

 

 

荷物の運び方も態度も問題なく、終わった後に少しですがお金を包みました。

 

 

最近では引越の時に女性が来ることもめずらしくないのですが、女性と言っても私なんかよりもよほど荷物を運ぶことが上手ですし、聞くとちゃんと引越の仕事に出る前に研修があり、狭い通路や階段などが設定してある実際の家で練習をするそうです。

 

 

私の大事な60型のテレビも2人でいたもたやすく階段から下ろしていく姿には感動すら覚えました。
引越業者は本当にピンキリです。安かろう悪かろうでは困りますので、ちゃんと見積もりの段階から見極める力が必要ですよ。

 

 

私は仕事柄転勤が多いため、引越業者の選別には自信がついてきました。

 

これも初めての引越での苦い経験がいきてるんでしょうねw

 

変に気を使うのは正直しんどい

以前引越を行った際、友人達に手伝ってもらったのですが、なかなかひどいことになりました。

 

友人達の好意はありがたいのですが、どうしても素人の運び方のため、壁にぶつけまくりですし、家電や家具に傷がついたりと悲しい結果になりました。

 

悪意があるわけではありませんし、なにより引越を善意で手伝ってくれているため文句もいえず逆にお礼を言ってご飯をごちそうしたくらいです。

 

この経験から、引越の時には必ず引越業者に依頼をするようになりました。

 

引越業者も様々ありますが、今はパソコンやスマホで簡単に引越業者を探すこともできますし、その中から一括で見積もりも出すことだって可能なんです。

 

 

最近引越を行ったのですが、その際も料金が1万円近くも差があったんですよ。引越し料金が安くなったからといってもサービスの内容はまったく問題ありませんでした。スタッフが2名来てくれ、手際よくどんどん運んでくれました。

 

 

事前に荷物の量に合わせたダンボールを数箱もらうことができ、それに入る分だけ詰め、必要のない物は事前に捨てたりリサイクルショップへ持って行きました。

 

 

荷物が増えすぎると料金が変わってくることがあるとの情報もあり、無駄に荷物を増やさないように心がけました。
新居はエレベーターのない3階だったのですが、大型テレビからソファー、ベッドまで疲れを感じさせずに運んでいく姿はさすがプロだと思いました。

 

 

友人の運び方では、ソファーもベッドも壁にすりまくりで傷だらけになっちゃいましたし、やはりプロの運び方は違いますね。対応も丁寧でしたし、気持ち良く引越を終えることができました。最後に缶コーヒーとドーナツを渡しましたが、とても喜んでくれたのが印象的でした。

 

 

今後も引越があるときには必ず引越業者に依頼するようにします。お金を払うだけの価値がありますし、なにより安心して荷物を預けられますしね。

 

更新履歴